失敗しない工場の求人の見つけ方

工場求人に応募して失敗をしてしまったという意見で多いのが、「給料が予想よりも少なかった」「残業が多すぎた」「夜勤の仕事があった」といったものです。インターネットにはたくさんの口コミや体験談がでていますが、成功体験よりも失敗体験のほうがむしろ参考にするべきかもしれません。給料が予想よりも少なかったというのは、月収例で計算をしてしまっているために起きる問題です。工場の求人では、残業代が払われなかったという問題はほとんど起きません。時給や日給でしっかりと計算をしておけば、給料で期待を裏切られるということはないでしょう。しかし、1日でも休んでしまったために皆勤手当てがもらえなかったとか、予定されていた残業がなかったり、残業を頼まれたが断ったというような場合などにも、給料は少なくなります。

残業があるのかどうかはわからない

残業については、たくさん稼ぎたいのでやりたいという人と、できるだけやりたくないという人がいるでしょう。工場の求人を見る時には、残業がどのくらいあるのかについても予想をしておきましょう。広告に「残業の目安として20時間程度」と書かれていても、実際には30時間の残業があったということもあります。逆に、全く残業がない部署に配属されてしまったということもあります。大きな会社では特に、自分がどこの部署に配属されるのかは、応募の段階ではわからないということがよくあります。配属された部署によって、残業があったり、なかったりするので、この問題についてはどちらのパターンになっても良いように、心の準備をしておくべきでしょう。あるいは、履歴書に希望欄がありますので、「残業はできません」「残業をたくさんしたいです」などと希望を書いておくと、可能性が上がるかもしれません。

夜勤の仕事がある?交代勤務とは?

工場の求人には、「夜勤あり」「交代勤務」などと書かれていることがあります。交代勤務とは、その名の通り勤務時間を一定の期間ごとに交代させていくことです。2交代、3交代が多いですが、4交代になっている職場もあります。ずっと夜勤をやることに比べたら、1週間ごと、もしくは2週間ごとくらいに夜勤と昼勤が入れ替わるので、身体への負担は少なくてすみます。しかし、夜勤のほうが深夜手当もつくので、たくさん稼ぎたいという人は、夜勤をずっとやりたいという人もいるでしょう。同じ仕事でも、夜勤をやることで給料が3万円~5万円くらい上がることもあります。しかし、夜に働いて、昼に寝るという生活を続けなければならないので、身体に負担がかかります。人によって合う・合わないがあるので、過去に夜勤をやったことがない人は、試しに働いてみるのも良いでしょう。